会社で使うOA機器のお得利用|コスト削減で収益グーンUP

リースでの注意点

リース契約での主なトラブル

電話

会社で使われている電話機をビジネスホンと言い、ほとんどの会社がこれらをリースしています。社内には人数に応じて複数の電話機が必要なことから、結果的にリースの方がメリットが大きくなるからです。このビジネスホンを契約する際には、トラブルを避けるためにも気を付けておきたいことがあります。まず一番トラブルとなる理由が、リース期間中の解約です。通常はリースをするときに期間が発生しますが、その間はどんな事情でも解約することはできません。そのため、契約前にしっかりと契約内容を把握しておくことが大切です。そして、期間中にビジネスホンが故障してしまっても、リース会社とは別にメンテナンスの業者に修理を依頼しなければいけません。万が一のためにも、リース契約と同時に、メンテナンス会社との契約も必要となってくるので気を付けましょう。

ビジネスホンの特徴とそのメリット

このビジネスホンは、家庭用の電話機とは大きな違いがあります。それは、内線や外線が複数使えることです。通常のビジネスホンには複数のボタンが付いていますが、これは複数の回線に対応したボタンです。社内でこれらの機能を使うことで通話料もお得に、そして快適な電話操作ができます。このため、仕事においてこのビジネスホンは必要不可欠な存在となっています。また、これらをリースすることによって、購入するよりかは経済的にもお得になってきます。リース期間は主に4〜7年となるので、その期間内でも費用を抑えていくことができるのです。契約更新には新しい機能のビジネスホンをリースしていくこともできて、リースならではのメリットを活用していけます。このように、仕事を快適にそしてお得に利用していくには、ビジネスホンのメリットを知って上手に活用していくことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加